その5 開門、おまいり

時間になると、守衛の方が門を開けて下さます。

「また、明日」

「お気をつけて」

開門を待っていた人たちは、朝のお仲間と別れの挨拶をして、各々おまいりに向かう。

私も、一礼して本堂に入ると、観音さまへの朝のご挨拶。

手を合わせると、今朝見た夢のことを思った。

今朝見た夢は、観音さまが見せてくださったのですか?

心の中で、お尋ねする。

その時、身体がブルっと震えて、胸の奥から込みあがってくる暖かな感覚があった。

 

ありがとうございます。

私は、観音様に一礼すると、本堂を出て浅草神社に向かった。