その10 その名は

「拙者、名を忠右衛門と申します」


「私は大澤です。忠右衛門さん、他のことは、何か思い出せますか?」

「他のこと、、、、何も、思い出せませぬ」

「そうですか」

忠右衛門という名前、その恰好、まるで時代劇の一場面を見ているようだった。

彼は、どこから来たのだろう。

 

それにしても、こうして顔を見るとしみじみ、あの子と、よく似ていた。だから、こんなにも親近感が湧いているのか。必要以上に心が介入してしまう。

「もし、良かったら、落ち着いて何か思い出すまでの間、家で休みませんか。すぐ、そこなのです」

「大澤どの、かたじけない」

忠右衛門は、すっと頭を下げた。所作がとても綺麗だった。