忠右衛門がゆく

NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その6 カラス

浅草寺の本堂の後は、浅草神社へ。 朝の新しい空気の中、浅草神社の鳥居をくぐる。 大きな狛犬さんにご挨拶をして、本殿へのおまいり。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その5 開門、おまいり

時間になると、守衛の方が門を開けて下さます。 「また、明日」 「お気をつけて」 開門を待っていた人たちは、朝のお仲間と別れの挨拶をして、各々おまいりに向かう。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その4 開門を待って

浅草寺の朝。 本堂の開門は、4月~9月が6時、10月から3月までが6時半。その時間に合わせて、いつも向かう。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その3 私の日課

「じゃあ行ってくるよ。」 「行ってらっしゃい。」 私は、毎日の日課である浅草寺へのおまいりへ出かけた。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その2 1枚の写真

「どうなんでしょうね。」 「どうなんだろうね。」 私たちは、顔を見合わせると、なんだか照れ臭かった。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その1 不思議な夢

夢を見た。 暗闇、というよりも、無。上も、下も、右も、左も、色も、音もない空間に、私と妻は立っていた。怖くは、なかった。