被官神社

NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その10 その名は

「拙者、名を忠右衛門と申します」
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その9 目覚め

「大丈夫ですか?」 私は、声を掛けながら男性の肩を叩いた。体が少し反応する、目が覚めたようだ。 「、、、、ん、、、、」 男性は、ゆっくりと体を起こす。 まだ、若い。幼い顔立ちだが、不思議な威厳がある。恰好のせいだろうか。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その8 被官神社にて

鳥居の先には、清閑な趣あるお社があった。 狐の眷属さんが多くいらっしゃる。 浅草神社の奥に、こんな神社があったのか。
NO IMAGE 忠右衛門がゆく

その7 カラスの行方

カラスは、浅草神社を右奥の方へと飛んで行く。 私も後を追い向かう。こちら側には、行ったことがなかったな。 そこには大きな鳥居があった。